アプローチメールで注意しておきたいこと

注意

ライン掲示板の最初のメールはファーストメールとかアプローチメールとかと呼ばれています。
要するに声をかけるメールなわけです。
このメールの印象で全てが決まると言ってもいいでしょう。
ライン掲示板の場合は女性のシェアは1割程度です。
ライバルが多いですから、多くの男性が「これは!」と思った女性にメールでアプローチするのです。
あなたのメールが女性の心に響いて「返事してみようかな?」と思わせない限りライン掲示板でハッピーエンドにはなりません。
大切なのは「個性」であり「返事がしやすいメール」かどうかです。
そして、絶対にしてはいけないのがコピー&ペーストの手抜きメールです。
ポイントを押さえているし文章も流れるようなものですが、ほとんど見抜かれてしまいます。
そんなに女性は甘くはありません。
多くのメールを貰っているのでパターンがあるものは見えているのです。
だから自分の言葉で気持ちを伝えるのです。
相手のプロフィールのどこに共感したからメールしたのかを伝えましょう。
そして返事はこなくても当然だと思うことです。
女性はとても少ないですから、メールの返事を貰える確率はとても低いです。
そういった現実をわかっていれば、返事がなくても落胆することはありません。
運命の糸が繋がっている女性はいつか現れてくるはずです。
そうするには、根気よくコツコツとメールをするしかありません。
文章が苦手ならば、文章を磨く本を数冊読んでみましょう。
それだけでもライバルに差を付けることができると思います。
これはライン掲示板ではなくて人生にも自分の大きな武器になります。
文章力を磨きましょう。

ラインを使用する上で知っておきたい専門用語

ネット上には日常生活の中では使わない専門用語が使われるケースがあります。
例えば出会い系サイトでも出会い系サイトの専門用語が存在しますし、TwitterにはTwitterの専門用語が存在します。
そしてラインにもラインの専門用語が存在し、その言葉を知らないと「それどうゆう意味?」と会話の流れを中断してしまいます。

ラインは基本的に友達や知り合いとやり取りするツールなので知らない言葉があれば気軽に相手に聞けばいいと思う人もいるかもしれません。
しかし会話には流れが大切です。流れが一度切れてしまうとなんとなくギコチナイ空気が流れてしまう事もあります。
全てを把握しろというのは無理でも比較的よく使用される専門用語ぐらいは把握しておきましょう。

「フレンド」とは友達の事です。
連絡先一覧、つまりアドレスに登録されている人の事で、最初は登録されていたのに途中で登録を解除された場合はブロックされたといいます。

「タイムライン」とはフレンド全体の近況報告などを見る事が出来ます機能の事です。
共通の友達グループの場合は使い勝手がいいツールです。

「スタンプ」とはライン限定の絵文字や絵の事です。スタンプを購入しそのスタンプがハマる瞬間にスタンプを押します。
ラインで文字ばかりでやり取りをするよりも可愛いスタンプを使ってやり取りをした方が楽しいという気持ちになれるでしょう。

「落ちる」とはラインを終了するという意味の言葉です。明日早いからそろそろ落ちるねというふうに使います。
また落ちる時には「ノシ」という言葉を使います。
カタカナの「ノシ」が手を振っている形に似ているからバイバイという意味で使われているだけです。

基本は人間関係

コミュニケーションツールは近年大きく変化しつつあります。
電話や手紙というツールからラインやメールというツールに変わりました。
何が大きく違うのかというと返信の速度なのではないでしょうか?

例えば電話であっても自宅の固定電話とスマホとでは大きく異なります。
いつでもどこでも持ち歩く事が出来るスマホは電話に出れない状況を除けばいつでも相手とつながります。
そして手紙なら手紙を出して届くまでに2~3日、そして相手の手紙が届くまでに4~5日ぐらいかかるので自分が手紙を出してその返事がくるまでに早くても1週間の時間を要しました。

しかしメールなら24時間以内に、そしてラインなら即返が基本となっています。
すぐに連絡がつく、相手の様子がリアルタイムで知る事が出来るというのは非常に便利だと言える反面、距離が近づきすぎてしまい不便だと感じる一面もあるでしょう。
友達や家族であればまだ適切な距離感をお互いが気を付ける事でとる事が出来るでしょう。

ですが恋人同士となると客観的な判断が出来なくなってしまい、相手が夜なのにすぐに電話に出てくれない。
誰かと会っているんじゃないかと不安になったりします。
いつでも繋がれるツールだからこそ、そんな状況なのに連絡がつかないという事に大きな不安を覚えてしまうのです。
ですがコミュニケーションツールにばかり頼りすぎたり、または依存してしまうようではそのツールを使いこなせているとは言えないでしょう。
コミュニケーションツールがどれだけ大きく変わっても基本の人間関係が大きく変わる事はありません。
その点を間違えないようにして下さい。

どうしてラインだと通話料が無料なのか?

ラインではチャットのやり取りだけではなく、通話を無料でする事が出来ます。
無料で会話が出来るのはとても嬉しい事ですが、不思議に思った事はありませんか?
どうしてラインは無料で通話が出来るんだろう?通話無料が可能ならスマホの通話はどうして全て無料にならないんだろう?と。

しかしそれにはちゃんと理由があるのです。
まずラインの通話は電話回線を利用せずにネット回線を利用しています。
そのため本当は無料ではなくネットのパケット代はちゃんとかかっているのです。
ですが大半の人はパケットは使いたい放題のプランに申し込んでいるので、ネット回線で通話をしても料金に加算されないので無料になるのです。

そしてスマホの通話は電話回線を使用しています。そのため電話回線を使用する料金として通話料が加算されるようになっています。
ただ今後はスマホの通話も電話回線ではなくネット回線によって通話をする流れになっていくかもしれません。
ですがすぐに切り替わるというのではなく、通信速度の問題があるので問題をクリアして徐々に切り替えていくのではないでしょうか?

ではなぜ最初から電話回線とネット回線を分けたの?ネット回線から通話出来るのなら電話回線は必要ないのでは・・・・と思いますよね。
これに関しては順番が逆なのです。もともと固定電話として電話回線があり、その後ネットをするようにんありネット回線が出来ました。
そしてネット回線の最初の頃は通信速度もまだ遅くインターネットに音声をのせて会話する仕組みも存在しませんでした。

つまりラインでネット回線を利用して通話できるようになったのは最近の話だという事です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ